だめりーず 良めりーず

ある恩田陸ファンの平凡なる日々withゲーム。本のネタバレなし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • エクスパンシス DHCオンラインショップ HMVジャパン ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 デル株式会社 電子書籍ストア BookLive!

氷室冴子「冴子の東京物語」

読了(解説除く)。
解説読むと流されそうなので読んだままで感想など。

エッセイ集、というのだろうか。生活の中での
走り書きをまとめたような短編の集合。
ファンタジーを書く人、という先入観があったせいか、
実生活に基づく文章というのが想像できなかったが、
実際は普通の人間。だけど断言はする。このヒトはオタクです。
15年前の本だというのに断言できる。このヒトはオモシロイ。

15年前の、さらに昔のことを話題にしているので、
ある意味タイムカプセルのような気持ちだった。

引越しに至る理由が電話(もちろん固定電話)。
15年前だというのに電話線を家中どこまでも引っ張って
最長12時間(!)しかも東京と北海道という遠距離電話(!!)で
電話代が6桁(!!!)。毎月といわないが、近いものがあった
らしい・・。やはりタダモノではない。
(引越しの元となる電話が定額になるなんて、その頃は
思いつかなかったに違いない(PHSで定額が出るらしい←今))

国鉄に勤めていた氷室さんの父のこと、母や姉、親類など
生活感がある登場人物。15年経っても変わらないものもある。


感想は・・ほっとした。色々心を動かされる本を読んだことや
実生活での疲れが落ちていく感じ。生きているっていいなぁ・・
こんな本に出会えるんだもの。次に読む本を(本だけじゃないけど)
楽しみにしつつ、また明日からのんびりやっていこう。

冴子の東京物語 氷室 冴子 集英社 1990/01 ISBN:4087496392
  • エクスパンシス DHCオンラインショップ HMVジャパン ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 デル株式会社 電子書籍ストア BookLive!

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://meliza.blog6.fc2.com/tb.php/7-e08b655c

 | HOME | 

プロフィール

meliza(メリザ)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。