だめりーず 良めりーず

ある恩田陸ファンの平凡なる日々withゲーム。本のネタバレなし。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • エクスパンシス DHCオンラインショップ HMVジャパン ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 デル株式会社 電子書籍ストア BookLive!

恩田陸「図書室の海」

恩田陸著書としては珍しい短編集。(光の帝国―常野物語
は連作、短編が連続してひとつの流れを作っている。…ああ、光の帝国についてのblogがなかった。過去の雑記メモに残っているかな…)
他の作品に関連する話もあるので、ファンの方にはオススメ。

これまでの作品との関連作としては
・「睡蓮」(「麦の海に沈む果実」に関連。感想になってない・・(汗))
・「ピクニックの準備」(「夜のピクニック」に関連)
・「図書館の海」(「六番目の小夜子」、恩田陸デビュー作に関連)
がある。
このうち、「ピクニックの準備」について感想を少し。

ちょうど少し前に「夜のピクニック」を読んだのだが、「ピクニックの準備」を読んで作品への印象が変わった。先にこれを読んでからなら、「夜のピクニック」の読み方も変わってくる。「三月は深き紅の淵を」と「麦の海に沈む果実」のような関係。元々「ピクニックの準備」は「夜のピクニック」の予告編らしいので、順番が正しい分読みやすいと思うが。

「夜のピクニック」を「本屋大賞」に選んだ方々はこの作品を読んだのだろうか。読んだ方と読んでいない方がいると思うのだが、果たしてどちらが多いのだろう。ちょっと「本屋大賞」へのコメントでも探してみようかな。

ちなみに本書のあとがきに他の話の思うところ、関連する作品があるので、そちらを見るとより作品への思いが深まる…はず。

図書室の海
恩田 陸



新潮社 2002-02-22
売り上げランキング : 25,985
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Amazon.co.jpアソシエイト

以下雑記。
どのくらい本を読んだら、趣味が読書、って言っていいのかな…。もしくは本の感想をblogに書いていることが変なのかな…。(他の方は1ヶ月で読んだ本、といって1記事で簡単に説明してしまうような方もいるし)私が本を読み始めたもの、最近だし…。色々悩みます…。
  • エクスパンシス DHCオンラインショップ HMVジャパン ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 デル株式会社 電子書籍ストア BookLive!

 | HOME | 

プロフィール

meliza(メリザ)


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。